ウーマン

ズキズキ鳴り響く嫌な痛みを鎮めよう|偏頭痛と筋緊張型頭痛の違い

頭の痛みの理由

レディ

頭痛というのはとても辛いもので、頭痛持ちの方は特に毎日苦しい思いをしていると思います。では、痛みはどういったことが原因で起こるのでしょうか。頭痛は二つの種類があります。一つは慢性頭痛でもう一つは病気に関わる頭痛であります。慢性頭痛に関してはさらに3種類に分けられます。その種類は片頭痛と緊張型頭痛と群発頭痛があります。まず、片頭痛に関しては、ずきずきとした痛みが突然くるといった症状がでます。そのため前兆がないのが特徴的であります。また、痛みが強いときは家事や仕事もままならないときがあります。次に緊張型ですが、緊張型は、無理な姿勢やストレス、強い緊張をした場面で多く出ます。症状としては、頭が締め付けられる感じがしてとても痛く、辛いです。また、めまいなども起こりやすく貧血になる方もいます。この症状の原因は主に首筋の凝りなどで血行の流れが良くない時に起こるのであります。最後に群発性ですが、こちら症状は季節の変わり目に急激に起こる症状になります。目の奥を刺されたような痛みが走ります。そのためとても辛いです。このような3種類が慢性のものになります。

では、慢性頭痛がわかったところで次は、これらの症状以外の症状についても知る必要があります。慢性頭痛以外での痛みは激しい痛みを催すことが多いです。そのためいつもと違うと感じたらすぐに病院に受診することが大切であります。脳疾患として、脳内出血や脳梗塞、脳腫瘍、髄膜炎などが考えられます。これらの症状はほとんどが激しい頭痛を伴います。また、頭の痛みのみならずひきつけや痙攣、嘔吐なども起こすことがあるので注意が必要です。このような症状がでたら、まずなんらかの病気が隠れていると考えた方が良いと思うので速やかに病院に受診することが重要であります。それからこれらの症状がなくても薬を服用しても全然症状が改善されなかったり、頭痛がいつもより激しい時は注意が必要であると考えられます。ですので自己判断せず、検査を受けるようにしましょう。このように頭痛にも様々な種類があることがわかりました。また、いつも通りの痛みだから大丈夫といってそのままにしておくことが一番よくありません。ですので、しっかりと症状を注意して意識しながら生活を送っていくことが良いとされます。また、ストレッチや目を休ませたり、マッサージをすることによって症状が改善される場合もあるのでこのようなやり方を試してみるのも良いと思います。それでも症状が軽減されないときは、病院で診断を受けることをおすすめします。内科と外科どちらでもいいですが、まずは内科に行くと処方箋が提供されるので、それを処方して様子をみるといいでしょう。医師に診断してもらうことによって、自分の頭痛の原因が分かるかもしれません。

Copyright© 2016 ズキズキ鳴り響く嫌な痛みを鎮めよう|偏頭痛と筋緊張型頭痛の違い All Rights Reserved.