ウーマン

ズキズキ鳴り響く嫌な痛みを鎮めよう|偏頭痛と筋緊張型頭痛の違い

頭が痛む時は医療機関へ

スーツの女の人

専門医の診断がお勧めです

一口に頭痛といっても、その症状は実に様々です。頭の片側が脈打つように痛む偏頭痛もあれば、全体がしめつけられるように痛む緊張型頭痛もあります。また何か他に病気があって、それが原因で痛むということもありますし、風邪を引いたために痛むとか、あるいは二日酔いなどで頭痛が起こることもあります。ですから、素人が頭痛だけで何の病気であるかと特定するというのは、結構難しいこともあるのです。単なる頭痛と考えていたら、実は別に病気があったということにもなりかねません。ですから、痛みを覚えた場合は、本当は病院に行くのが一番いいのです。しかし何の病気だかわからない時は、どの診療科を受診するべきかがわからないということもあります。通常は内科、あるいは脳神経科などを受診することになりますが、最近は特に、頭痛外来を設けている病院もありますので、そこを受診するのが一番いいでしょう。頭痛外来を受診すると、まずいつから痛むのか、痛みがどんな感じでどの位痛むのかを訊かれ、場合によってはMRIやCTを使って検査をすることもあります。専門医が揃っていますので、適切なアドバイスを受けることができますし、また、何が原因であるのかを詳しく知ることもできます。

こんなメリットもあります

この頭痛外来の特徴として、その人の頭痛が一次性のものであるか、あるいは二次性のものであるかを判別してもらい、それぞれに応じた治療を紹介してもらうことができます。一次性というのは、他に原因が見られず、ただ頭だけが痛む状態のことです。偏頭痛などはそれに当たります。また神経痛が原因で痛む場合も、この一次性に分類されます。一方で二次性というのは、他に原因があって痛むものです。たとえば脳の病気であるとか、髄膜炎などの感染症などの場合、あるいは目や鼻の病気などで起こることが多いです。その他にも高血圧や、頭部のケガがもとで痛むこともあります。二次性の場合は、原因となっている病気を治すことが優先されますので、他の診療科を紹介されたり、あるいは頭痛外来がクリニックの場合などは、提携先の病院を紹介してもらえたりします。中には、たかが頭痛くらいでわざわざ病院に行きたくない、あるいは市販薬で治したいという人もいるでしょう。しかし、やはり専門医の診察を受けて、しかるべき治療を行った方が治りは早いですし、もし他の病気が原因であった場合でも、すぐに発見できるというメリットがあります。何よりも、自分で薬を服用し続けると、体がそれに慣れて効果がなくなることもありますので、やはりきちんと頭痛外来を受診したいものです。

Copyright© 2016 ズキズキ鳴り響く嫌な痛みを鎮めよう|偏頭痛と筋緊張型頭痛の違い All Rights Reserved.