原因を理解して治す頭痛の原因を根本から解決

ズキズキ鳴り響く嫌な痛みを鎮めよう|偏頭痛と筋緊張型頭痛の違い

頭が痛む時は医療機関へ

スーツの女の人

頭痛には様々な種類があるため、素人では症状を特定できないこともあります。そのような場合には、頭痛外来を設けている病院に行くのがお勧めです。痛みの原因が何であるのか、どのように治療したらいいのかがわかりますし、何よりも、他の病気が原因であった時に、早期発見ができるというメリットもあるからです。

詳しく見る

辛い頭の痛みを解消する

女の人

頭痛に悩まされる人は多く、その数は日本国内だけでも相当な数に及びます。頭痛の原因はさまざまですが、最近ではストレスとの関係も重要視されています。頻繁に起こる頭痛は鎮痛剤だけでは解決とはならないので、専門の病院で診てもらうことが大切です。

詳しく見る

頭の痛みの理由

レディ

同じ頭痛でも慢性頭痛と病気に関わる頭痛があるので、その痛みの特徴を知っておくことが大切です。マッサージやストレッチで痛みを緩和することができますが、それでも回復しないときは、病院で診断を受けることをおすすめします。

詳しく見る

誰にでも起こる病気とは

頭を抑える男の人

頭痛には原因不明の慢性型の頭痛と病気が原因のものとがあります。慢性型のものはストレスや疲労が主な原因だと考えられていますが、はっきりしていません。慢性型は放置しても自然に痛みが治まりますが病気が原因のものは早めに発見して治療することが大切です。

詳しく見る

神経内科による治療

女性

軽度の痛みのうちに服用

頭痛というのは発生頻度が高いですが、疾患名ではなくて症状を示している言葉です。そのため頭痛を患っていても、それぞれによって疾患が異なります。疾患が異なるということは、病院で受診する科や治療の内容も、個々に変化させることが必要です。そうしたなかで注意を要するのは、脳梗塞や脳腫瘍などの、生命と直結する重大な疾患です。しかしそうした生命と直結する疾患は、日常生活を送るうえでは発生頻度がレアな疾患に分類されます。数ある頭痛の中でも、発生頻度が極めて高いのが、片頭痛という疾患です。片頭痛の場合には、筋緊張型頭痛とは異なって、頭蓋内を走行する神経と血管が関与します。頭蓋内には多数の神経と血管が走行しているのですが、そのうち血管が何らかの原因で拡張します。血管が拡張すると、体積が増加するために、周囲を走行する神経が刺激を受けて頭痛が発生するのです。そのため治療を行なうためには、痛みをブロックする効果に加えて、血管を収縮させる効果が必要です。そこで最近はトリプタン製剤が開発されまして、エルゴタミン製剤に代わって主流になってきました。トリプタン製剤は、軽度の痛みのうちに服用すると、大きな効果を発揮する特徴があります。ズキズキ鳴り響く嫌な痛みを鎮めましょう。

総合的な治療が必要です

ただしトリプタン製剤は、服薬のタイミングが遅すぎると、効果をあまり発揮してくれません。その点で服薬のタイミングが遅れたときは、消炎鎮痛剤も加えて服用することが一般的です。このような片頭痛の治療を病院で担当するのが、神経内科になります。以前まで神経内科は、病院でそれほど多く設置されていませんでした。ところが最近は神経内科を設置する病院が、増加するようになっています。神経内科を設置する病院が増加したのは、片頭痛だけが理由ではありません。例えば頭痛を起こす脳梗塞を起こすと、以前までは脳神経外科ですぐに手術を行なうことが一般的でした。しかし最近は脳梗塞に対して、手術を行なうことがかなり減少するようになったのです。これを可能にしたのが、神経内科による薬物療法が急速に発達したことが、大きな要因になります。また神経内科では、頭痛のもう一つの多い疾患である筋緊張型頭痛の治療も担当しています。筋緊張型頭痛は、頚部の筋肉が緊張して神経を絞扼して発生する疾患です。いっぽう筋緊張型頭痛は、先述の片頭痛と合併することが多くなります。こうしたことから頭痛は、総合的な治療が必要なので、病院で神経内科は人気を得ているのです。

Copyright© 2016 ズキズキ鳴り響く嫌な痛みを鎮めよう|偏頭痛と筋緊張型頭痛の違い All Rights Reserved.